2018年02月18日

第1回 東眞会 合同稽古開催

巷では、平昌オリンピックで盛り上がる中・・・
2018/2/17(土) ”極寒”の佐久武道館にて、黒帯のみの合同稽古が開催されました。

昨年末、東眞会のチャンピオン製造工場長と言われた小山師範のお言葉がきっかけに企画した合同稽古でした。
ここ、10年ない緊張感で稽古できた貴重な時間でした。

仕事などで参加できない黒帯も多く、9名での稽古となりましたが、道場の寒さと違い熱い時間となりました。

まずは鈴木会長の号令にて、ストレッチと基本稽古を行いました。

s_DSC_0016.jpg

s_DSC_0058.jpg
s_DSC_0011.jpg

東眞会の普段のカリキュラムにはない立ち方、運足、受けを簡単説明いただきました。
その後基本稽古と移動基本を行いました。

この短い時間に一生懸命に覚えようとする様子がとても印象的な時間となりました。

s_DSC_0100.jpgs_DSC_0098.jpg

その後、ミット稽古、組手を行いました。久々に一緒に稽古する面々も多く組手もとても白熱する組み合わせもあったり。

またその中での、会長・師範の観点からの、とても勉強になるアドバイスが多かったです。

この稽古にて、それぞれとても貴重な発見があったことと思います。

今年1年は例年とは違い、道場全体でレベルアップをしていきたいです。

最後は全員で記念撮影をしました!

また、次回!
s_DSC_0106.jpg



ふと・・・最近は人の技を盗めとかあまり言われなくなったな〜。と思いました。

20年くらい前までは、人の技を盗めとか仕事でもそういう雰囲気が多かった様な気がします。

しかし、武道やスポーツに関してはやはり”知識”、”感性”、”熟練度”がとても大切だと改めて感じました。

指導ってもしかしたら、ある程度マニュアルがあればできるかもしれない。
けど体現できる人が指導する道場で稽古したいですよね。
なかなか難しい事ですが、稽古に邁進してまいります。

空手道東眞會の伝統は、強くなり、人格完成のための向上心だけなのです。

長野県御代田町、軽井沢町、佐久市、小諸市、上田市、神奈川県、山梨県、埼玉県

posted by 東眞会 at 23:39| Comment(0) | 日記

2018年02月01日

新初段誕生

先日1月の寒い中、佐久武道館にて初段の昇段審査を実施しました。
小宅春樹さんが受審され、柔軟性、基礎体力、基本、移動基本、ダミー、最後は、10人組み手を行いました。
何年かぶりの、昇段審査に仲間たちもその瞬間を見届けようと集まりました。
また、現在黒帯目指してがんばる生徒さんも見学に来てくれました。
壮絶な昇段審査に挑んだ小宅さんは、10人の猛者たち(9割黒帯)を相手に見事完遂し感動の渦を巻き起こしました。
鈴木会長の「今日ここに集まってくれた人、来れなかったけど応援してくれた人、その人達の顔を絶対に忘れるな。」とお言葉を頂戴しておりました。
空手は個人競技が故に一人で強くなった気になってしまう部分がありますが
たくさんの人達に支えられて成長すると言う感謝を忘れずに稽古に邁進してまいりましょう。
審査後はがんばる姿にしびれたみんなで、近くの佃半さんでおいしい料理に舌鼓を打ちながら空手談義を楽しみました。
今年は、成長をテーマに活動していきます!小さくてもキラリと光る道場にしたい。

写真は10人達成後の満身創痍でもフルな笑顔の小宅さんと佃半さんでの食事風景!
(稽古後に海鮮料理が染みる)
26993300_577188179286171_6244588431348717625_n.jpg27332455_577188175952838_2005667896918119893_n.jpg
http://www.toshinkai.net/


#佐久市 空手教室
#空手道東眞会
posted by 東眞会 at 12:10| Comment(0) | 日記